▲Page Top

日本海軍 愛知水上偵察機『瑞雲11型』1/48ペーパークラフト-組み立て方 「胴体をつくる」




1. まず展開図の1枚めを印刷後に、裏面に「zuiun-02-2.pdf(裏面用)」を印刷してください。



2. 展開図の「14」を切り取って折り線指示に従って折り、細い棒などに巻き付けて筒状に癖をつけてから、下図の様に接着します。


3. 展開図の「15」を切り取って折り線指示に従って折り、巻き癖をつけてから、上でつくったパーツと接着します。



4. 展開図の「16」を切り取って折り線指示に従って折り、上でつくったパーツに接着します。
展開図の「17」も同様に、反対側に接着します。



5. 展開図の「18」を切り取って折り線指示に従って折り、巻癖をつけてから、上でつくったパーツに接着します。
赤丸で示した部分ののりしろは接着しないように注意してください。



6. 展開図の「19」を切り取って折り線指示に従って折り、巻癖をつけてから、上でつくったパーツに接着します。



7. 上でつくったパーツを、 「主翼をつくる」パートでつくったパーツに、下図の様にはめ込んでください。


下図を参考に接着してください。機首方向から細いピンセットを差し込んで、慎重に位置合わせをして、完全に接着されるまで押さえておいてください。



8. 展開図の「20」を切り取って折り線指示に従って折り、巻癖をつけてから、上でつくったパーツに接着します。



9. 展開図の「21」を切り取って、上でつくったパーツに接着します。



10. 展開図の「22」を切り取って折り線指示に従って折り、黄色で示した部分の裏面同士を接着します。



11. 上でつくったパーツを、9でつくったパーツに接着してください。



12. 展開図の「23」~「27」を切り取って折り線指示に従って折り、巻癖をつけてから、下図を参考に接着します。
「25」と「26」の間には四角い穴をつくりますので、埋まってしまわないように注意してください。



13. 上でつくったパーツを、胴体の突起を抜き差しながら、下図を参考に接着してください。
機体との間に隙間ができないように密着させてください。



14. 展開図の「28」を切り取って折り線指示に従って折り、下図の様に接着します。



15. 上でつくったパーツを、13でつくったパーツに接着します。
展開図の「29」も同様に組み立てて、反対側に接着します。



16. 展開図の「30」と「31」を切り取って折り線指示に従って折り、下図の様に接着します。



17. 上でつくったパーツを、15でつくったパーツに挟むようにして接着します。




18. 展開図の「32」を切り取って折り線指示に従って折り、黄色で示した箇所の裏面同士を接着します。
2個つくります。



18. 上でつくったパーツを、17でつくったパーツに下図を参考に接着します。


このようになります。反対側にも同様に接着します。



18. 展開図の「33」を切り取って折り線指示に従って折り、黄色で示した箇所の裏面同士を接着します。
2個つくります。



19. 上でつくったパーツを、18でつくったパーツに下図を参考に接着します。
反対側にも同様に接着します。



19. 展開図の「34」を切り取って折り線指示に従って折り、下図の様に接着します。



20. 上でつくったパーツを、18でつくったパーツの反対側に、同様に接着します。




21. 展開図の「35」を切り取って組立指定図に従って折り、下図の様に接着します。



22. 展開図の「36」を切り取って組立指定図に従って折り、形を合わせて下図の様に接着します。



23. 展開図の「37」を切り取って組立指定図に従って折り、下図の様に接着します。



24. 上でつくったパーツを、22でつくったパーツの矢印で示した場所に接着します。



25. 展開図の「38」を切り取って組立指定図に従って折り、下図の様に接着します。



26. 上でつくったパーツを、24でつくったパーツの矢印で示した場所に接着します。



27. 展開図の「39」を切り取って、下図の場所に切断面で接着します。



28. 展開図の「40」を切り取って、形を合わせて接着します。




29. 上でつくったパーツに、機体先端の棒を差し込みます。接着はしません。






前のステップへ戻る

インデックスページへ戻る
Copyright (C) 2002-2019 Paper model studio All rights reserved. https://papermodel.jp/