▲Page Top

謎の円盤「アダムスキー型UFO」




謎の円盤「アダムスキー型UFO(未確認飛行物体)」をつくりました。
実物のサイズが不明な為、仮に全長9m、1/60スケール(完成サイズ15cm)としました。

■ 本体データ(PDF形式 約1MB)



1. 展開図の「1」を切り取って折り線指示に従って折り、矢印部分の裏面同士を接着します。



2.  展開図の「2」を切り取って、矢印部分に1でつくったパーツを接着します。



3. 展開図の「3」を切り取って折り線指示に従って折り、矢印部分を接着します。



4. 展開図の「4」を切り取って折り線指示に従って折り、矢印部分を接着します。



5.  上でつくったパーツと、3でつくったパーツを接着します。赤丸で示した部分の接着線を合わせてください。



6.  展開図の「5」を切り取って、上でつくったパーツに接着します。


「5」の穴にピンセットを差し込み、のりしろをしっかりと接着します。



7.  展開図の「6」と「7」を切り取って折り線指示に従って折り、下図のように接着します。



8. 展開図の「8」を切り取って、上でつくったパーツに接着します。



9.  展開図の10」を切り取って折り線指示に従って折り、矢印部分を接着します。



10.  展開図の「11」と「12」を切り取って折り線指示に従って折り、下図のように接着します。



11. 上でつくったパーツと、9でつくったパーツを接着します。



12. 上でつくったパーツと、8でつくったパーツを接着します。



13. 展開図の「13」を切り取って折り線指示に従って折り、下図の様に接着します。



14. 上でつくったパーツと、12でつくったパーツを接着します。赤丸で示した部分の接着線を合わせてください。



15. 上でつくったパーツと、12でつくったパーツを接着します。赤丸で示した部分の接着線を合わせてください。



16. 上でつくったパーツを、6でつくったパーツに接着します。赤丸で示した接着線を、赤線で示した箇所の延長線上に接着してください。



17. 展開図の「15」を切り取って折り線指示に従って折り、下図のように接着します。



18. 上でつくったパーツの矢印部分を接着します。同じものを3つつくります。




19. 上でつくったパーツを、16でつくったパーツの矢印部分に接着します。




20. 展開図の「16」を切り取って折り線指示に従って折り、下図のように接着します。




21. 上でつくったパーツに、19でつくったパーツを載せます。接着はしません。




「アダムスキー型UFO」について





アダムスキー型は、UFO(未確認飛行物体)と言えばこれ、というほど特徴的な形状です。
イギリスのUFO研究家ジョージ・アダムスキー氏が撮影した写真と、宇宙人に招待されUFOに搭乗したとされる体験記は世界中に衝撃を与えました。
形状的な特徴は、頂点部に環状の突起物、操縦室(?)部分の丸窓、スカートの上部に四角い穴(窓?)、底面に3つの半球が配置されています。
当時販売されていたランタン(Model L46S)の傘の部分に形状が酷似し、持ち手を外した跡の様な四角い穴も見受けられますが、このUFOの実在を否定できる確証も存在していません。



インデックスページへ戻る
Copyright (C) 2002-2019 Paper model studio All rights reserved. https://papermodel.jp/