▲Page Top

艦船展示用ドライドック



艦船模型(主に1/700スケール駆逐艦)展示用のドライドック(乾ドック)ジオラマです。
フルハルモデル、ウォーターラインモデルの両方に対応可能です。



1. 「船渠(せんきょ)」をつくります。 展開図の「1」を切り取って折り線指示に従って折り、下図のように接着します。



2.  展開図の「2」を切り取って折り線指示に従って折り、上でつくったパーツと接着します。



3.  展開図の「3」を切り取って折り線指示に従って折り、上でつくったパーツと接着します。



4. 展開図の「4」を切り取って折り線指示に従って折り、上でつくったパーツと接着します。



5.  展開図の「5」を切り取って、上でつくったパーツと接着します。



6.  「水密性扉」をつくります。 展開図の「6」を切り取って折り線指示に従って折り、下図のように接着します。



7.  上でつくったパーツを、5でつくったパーツに接着します。


このようになります。



8. 「クレーン」をつくります。 展開図の「7」を切り取って折り線指示に従って折り、下図のように接着します。



9.  展開図の「8」を切り取って折り線指示に従って折り、上でつくったパーツを裏面側から抜き通して接着します。



10.  上でつくったパーツを、下図のように接着します。



11.  展開図の「9」を切り取って折り線指示に従って折り、下図の様に接着します。



12.  上でつくったパーツを、10でつくったパーツに接着します。前後に注意してください。



13. 展開図の「10」を切り取って折り線指示に従って折り、下図の様に接着します。



14.  上でつくったパーツに、13でつくったパーツを差し込みます。接着はしません。



15.  「盤木(ばんぎ)」をつくります。 展開図の「11」を切り取って、下図のように接着します。
長さと高さの違いで4パターンありますが、乗せる艦船模型の大きさによって選択してください。



16.  「盤木」は「船渠」内の中央部分に設置します。「クレーン」は左右いずれかのレール上に設置します。
接着の有無はお選びください。


フルハル用ドライドックの完成です。




17.  ウォーターライン用の「注水状態の海水」をつくります。 展開図の「12」を切り取って折り線指示に従って折り、下図のように接着します。



18. 「船渠」の内部にはめ込みます。接着はしません。


クレーンも設置して、ウォーターライン用ドライドックの完成です。





インデックスページへ戻る
Copyright (C) 2002-2019 Paper model studio All rights reserved. https://papermodel.jp/