「戦艦大和」ペーパークラフト本・無料オプションパーツ-「零式水上観測機」の組み立て方解説




1. 展開図の「1」と「2」を切り取り、組立指定図に従って折り、裏面同士を接着します。
パーツ番号ですが、カタパルト配置タイプは「c・・」、甲板配置タイプは「d・・」と表記しています。



2. 展開図の「3」を切り取り、組立指定図に従って折り、上でつくったパーツの裏面と接着します。



3. 「4」と「5」を切り取り、裏面同士を接着します。




4. 上でつくったパーツの断面に接着剤を塗り、機体の左側に接着します。



5. 「6」と「7」も同様につくり、機体の反対側に接着します。



6. 「8」と「9」を切り取り、組立指定図に従って折り、裏面同士を接着します。これを2つつくります。



7. 上のパーツを、主翼上面の両側に接着します。甲板配置タイプの場合はこれで完成です。カタパルト

横から見るとこのような形になります。



8. 「10」と「11」を切り取り、裏面同士を接着します。



9. 上のパーツの明るい色の面に、下の写真を参考にして機体を接着します。



10. 「12」と「13」を切り取り、組立指定図に従って折り、裏面同士を接着します。
カタパルト配置タイプと甲板配置タイプはのりしろの有無が異なります。下図はカタパルト配置タイプです。



11. 機体下部ののりしろで、上のパーツを挟む形で接着します。



12. 「14」と「15」を切り取り、組立指定図に従って折り、裏面同士を接着します。これを2つつくります。


13. 上のパーツを、主翼下面の両側に接着します。
カタパルト配置タイプは、中央パーツののりしろを、大和のカタパルトに接着すれば完成です。

Copyright (C) 2002-2017 Paper model studio All rights reserved. http://papermodel.jp/