この一冊で栄光の巨大戦艦が蘇る!!「戦艦大和」ペーパークラフト本・大好評販売中!

一冊の本から全長75cm(1/350スケール)の大型艦船模型「戦艦大和」が完成します!  もちろん臭くて面倒な塗装作業も必要なし! 平面である紙から大迫力な戦艦大和がどんどん組み上がっていく楽しさは格別です! 初心者の方でも完成できるように、わかりやすい写真付きで「作り方」を解説!

タイトル:「戦艦大和をつくる」
出版社:トランスワールドジャパン株式会社
久嶋正裕 (著) 盛岡隆司 (考証・解説)
価格:¥ 2,000円+税

大迫力の全長75cm(展示台付き)栄光の巨大戦艦を自分の手で! 沈没から70年近くが過ぎた今でも、世代を超えた人気を誇る「戦艦大和」。その美しい雄姿が、1/350スケールのペーパークラフトで甦ります。 


amazonからもご購入いただけます。

>>出版までの過程

>>無料オプションパーツ


大和艦載機


土嚢・単装機銃


ウォーターライン・ジオラマ展示台


「戦艦大和」の特徴を残しつつ、なるべく簡単に組み上がるよう考慮して設計いたしました。
基本となる造形は、呉市海事歴史科学館 大和ミュージアムの1/10大和をベースとし、最新の考察を参考にディテールを盛り込んであります。

注目ポイント
■360度回転する、主砲塔、副砲塔、測距儀、カタパルト、ジブクレーン。
■0~45度まで、それぞれが独立して可動する主砲身。
■船体や艦橋、鎖甲板や後部甲板の溶接、リベット接合のパターンまで再現。
■船体色は大和ミュージアム1/10大和に準じ、呉海軍工廠軍艦色とする。
■木甲板は黒く塗られていなかったという説を採用し、台湾檜色とする。
■ジブクレーン上の空中線支柱は撤去されていたという説を採用。
■煙突に菊水マークがあったという説を採用。
■メインマストは基部の二股が、前が二本という説を採用。
■メインマストに「非理法権天」の幟旗があったという説を採用。
■鎖甲板に錨鎖はあったという説を採用。
■第二・第三主砲塔上の機銃ブルワークは畳だったという説を採用し、あえて再現せず。
■スクリュー・プロペラ軸は真鍮色だったという説を採用。
■艦首、艦尾の旗竿は撤去していなかったという説を採用。
■艦尾形状はカットオブスターン(角形艦尾)という説を採用。
■艦載機、艦載艇は全て降ろされていたという説を採用。
■土嚢・単装機銃は移動可能な為、オプションパーツとして用意。




※写真は試作段階のものです。

Copyright (C) 2002-2017 Paper model studio All rights reserved. http://papermodel.jp/